08.31
Sat
本日もご訪問ありがとうございます。

先日の続きです。



身動きがとれないぶるぅ。

しかも何をするでなく、その縛られたままで放置されている。

こちらにしてみれば、何をしても抵抗されない。

ぶるぅ自体そんなに抵抗することはないのだが、極稀に抵抗することもある。

しかしその日はしたい放題。

だから、なにもせず、ただじっとぶるぅの蜜壺に顔を近づけ、楽しんでいた。



「………恥ずかしいです……」

何分も時間が経ったのち、搾り出すような声でぶるぅが訴える。

蜜壺は視姦されているので、しっとりと潤いを帯びている。

「………恥ずかしい………」

何度も繰り返すぶるぅ。

ゆっくりと手を動かし、蜜壺の突起をむき出しにする。

そしてむき出しになった突起を指で嬲り、そして舌でも存分に嬲った。

喘ぎ声が次第に大きくなる。

場所はビジネスホテルだ。

思った以上に壁は薄い。

だから、口枷をさせ、さらに手ぬぐいで口をふさぐ。

しかし、突起を嬲ることはやめなかった。

「うぐぐ、ううう!」

喘ぎに聞こえないような声でぶるぅは喘ぐ。

蜜壺はその潤いを増し、そのまま挿入しても良いほどになっている。

突起を口に含んだまま、手を伸ばし、乳首を指でつまむ。

「うぐぅーっ!」

動けないぶるぅ。

体を左右にかるく揺らす程度しか動けないぶるぅにとっては、されるがまま。

三点を集中的に責めると、ぶるぅは背中をのけぞらせる。

拘束されたままの快楽。

その責めは始まったばかりだった。それは日付が変わる近くまで続けられ、
ぶるぅはまたあちらの世界に引き込まれるように連れて行かれてしまった。
スポンサーサイト
[PR]


comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://bluecallorwoman.blog.fc2.com/tb.php/67-0c8172dd
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top