08.11
Sun
残暑厳しいですね。

もう少し和らいでくれると助かりますけど…


新しい調教です。

今思えば、この調教はあまり期間を開けずにやっていたようである。

冬の間は、さすがに寒いから、自然と避けていたのだと思う。

前回の視楽調教からさほど時間を空けない時期、確か秋の始めだったと思う。

珍しく都合がつき、ぶるぅとお泊りの計画が実行出来た。

距離が離れているのと、時間が取れないのとで、日帰りが殆どだったのだが、
このときはイベントだったか、コンサートだったか、不確かではあるが、
一泊することにしたのだ。

イベントも終わり、晩御飯も終わり、普通のホテルに二人で帰る。

ぶるぅにとっては、かけがえのない時間だった事だろう。

晩御飯にテンションが高いぶるぅは麦酒を少し(?)ばかり飲んでいた。

逆に私はその頃から酒を控えめにしていたので、飲んではいなかった。


繁華街から少し離れた場所にあるホテルまで徒歩で帰る。

それなりに人通りはある。

時計の針は21時を過ぎたぐらいだった。

行き交う人が少なくなったとき、ほろ酔い加減のぶるぅが口を開く。

「ご主人様、ホテル帰ったら、しようね!」

そういって手を強く握る。

普段デートや散歩でもぶるぅは執拗に手を握る。

まるで20代のカップルのように手をつないで歩く。

傍から見れば、ちょっと…という感じだが、ぶるぅがそうしたいのだから、
あえて拒まない。

「でも、このまま帰るのももったいないね。」

またぶるぅが口を開く。

「どこか行くの? もう9時だよ。」

「ドライブ!」

酒を飲んでいない事を知っているからか、そんなリクエストをしてくる。

「散歩じゃダメなの?」

「車なら、何してもいいでしょ。」

そういって私の股間をまさぐる。

人通りはまばらではあるが、車は普通に走っている。

でもぶるぅにはお構いなし。

ま、ドライブをしているとその時間の3割は私の股間を握ってくる。

さするでも無く、握るでもなく、ただそこに手を置いている。

そうすると安心するのだとか…。

その日、ホテルの駐車場が満杯のため、近くの安いコインパーキングに車を止めていた。

「ちょっとだけだよ。」

そういって歩をコインパーキングに変えて歩き始めた。

「その代わり…」

「…」

ぶるぅがふいに顔を上げる。何かを感じ取ったようだ。

「車に乗ったら、下着を脱ぎなさい。」

「えーっ!」

「服は着ていいから、車に乗ったら下着を脱ぐ事。」

「……はい…、」

その日、イベントに向かう際に、ぶるぅには何も言ってはいなかったが、
何故か、ブラジャーをしていなかった。

晩御飯の間もブラは無し。

履いているのはパンティーだけ。

それを脱げと命令する。

この頃には自発的にブラジャーはつけなくなった。

今まで使っていたブラが小さく、キツイかららしいが、真意は不明だ(笑)


5分もしないうちにコインパーキングに到着する。

車に乗り込む二人。

エンジンをかけながら、ぶるぅに促す。

「脱いで。」

「…」

返事はなかったが、履いているパンティを脱ぎだす。

この日はスカートだったので、脱ぐのは容易だ。

しかし、ゴーマルのぶるぅはなぜか膝上丈のスカートだった。

あれだけ露出にこだわったぶるぅが変化している。

「スカートも少し上にあげなさい。」

「…」

「車の中なら分からないでしょう。」

「…はい……」

車はゆっくりと夜の街に滑り込んでゆく。     …続く。
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

comment 2 trackback 0
トラックバックURL
http://bluecallorwoman.blog.fc2.com/tb.php/55-bca2b451
トラックバック
コメント
いつもコメントありがとうございます。

外で露出させてから、何かスイッチが切り替わったような感じがあります。
今はエロモードに入りやすくなってます(笑)
まだ書いてませんがだいぶ積極的になってます(笑)

大したオチではないので、あまり期待なさらないで下さい(汗;)

今後もよろしくお願い致します。   BA。
BA | 2013.08.12 20:49 | 編集
こんにちは^^w

ぶるぅさんの変貌ぶり・・・イイですねぇ^^d
こういう積極性はかなりやる気になりますよねぇ^^
しかも、最初からノーブラなんて・・・私なら分かった時点で何かしてると思います^^;
そんなぶるぅさんが望んだドライブ・・・この後の展開が楽しみです^^

『怪』 | 2013.08.12 15:04 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top