07.28
Sun
昨日は戯言でしたが、今日はちゃんと続き…というか、新しい展開です。


デパート内での露出(にも入らない程度のユルいプレイでしたが…)から時間を空けずに

次の行動に出る。

お互いに3日間の休みが合い、ちょっとお出かけしたときのこと。

遠出のドライブがその日の目的だった。

とは言っても、長距離移動を伴うような事ではなく、ちょっと出かけた程度だった。


ドライブ途中、相変わらずウキウキのぶるぅ。

「そういえば、この間、パンツ履かないでデパートの中、歩いたとき、楽しかった?」

「…恥ずかしかった…」

ウキウキモードのまま、軽いノリで返事をする。

「恥ずかしそうじゃなかったじゃん。」

「恥ずかしいよ!」

「でも何か難しそうな顔してたよ。」

「…覚えてないです。」

「そう?」

「いっぱいいっぱいで何も覚えてないよ。」

ぶるぅは明るく返事をする。

「そういえば、あの時、もう一度やってみたいって言ってたよね。」

「…あ、言ったっけ?」

「しっかりと言いました。」

「………、そういう事はしっかり覚えてるね。」

ぶるぅがむくれる。

「してみたいって、感じたんでしょ。」

「…ちょっと、興奮して、今までに無い感覚だったから…」

「…だから?」

「もう一回してみようかなって言っただけ。」

「どうして? ドキドキ感がたまらなかったの?」

「はい…」

ぶるぅがまた照れ始める。照れ始めると顔を押し付けてくるのがクセだ。


「何にドキドキしたの?」

「……、人に見られるかなって思った事…かな?」

「見られるとドキドキするんだ。」

「……、はい。」

うつむき加減だが、まだ顔には余裕が見えた。

「見られなかったら、ドキドキしないの?」

「……、ご主人様だけならいい…」

ぶるぅは、誘いに乗らされている事にはまだ気付いていなかった。

「私に見られるだけなら、いいのね。」

「はい、それならいつでも…。」

「じゃ、見せて。」

ぶるぅの顔色が急に変わる。まだ笑みはあるが。

「どこで?」

「人のいないトコで、私に見られるならいいんでしょ。」

「………」

ぶるぅが必死に考えている。

「人のいないトコに行くから、見せてね。」

「……え?、外?」

「場所は指定しなかったよ!」

「えーーーっ!」

ぶるぅはむくれながらも、節目がちにこちらを見ていた。

沈黙が続いた。

「………誰も居ないトコで、ちょっとだけね…。」

ぶるぅが承諾した時点で、車は山の中へと入っていった。

行く先には真っ黒い雲が見えたのだが……         …続く。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]


comment 2 trackback 0
トラックバックURL
http://bluecallorwoman.blog.fc2.com/tb.php/45-4484ff94
トラックバック
コメント
野良さん。初めまして。
リンクして頂き、ありがとうございます。
またご連絡もなしにリンクしてしまい、申し訳ございませんでした。

拙い文章を読んで頂き、感謝しております。
ぶるぅは特に恥ずかしがり屋なので、こうなってしまうのかも知れません。
でも恥ずかしがってもらう方がこちらも楽しいですしね。

今後も宜しくお願い致します。
BA | 2013.07.29 20:31 | 編集
こんにちは、私のブログをリンクして下さりありがとうございます♪
こちらもリンクさせて頂きました^^

露出についての記事を一気に読みました。
ぶるぅさんの凄くどきどきした想いが伝わってきました。
恥らうという気持ちは大切な事ですね。
野良 | 2013.07.29 15:12 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top