08.11
Tue
おはようございます。

まだまだ暑い日が続きます。
だいぶ治まった感じですけど。

ご慈愛下さい。

続きとなりますが、今日は短めで…。

ぶるぅと私の「調教」に戻ることにする。

「アタマが真っ白な」状態で、教え込むって前々々回に書きました。

前回の話を当てはめると、「調教」という名の「洗脳」を施したということになる。

でもいきなり「お前を洗脳する!」なんて言われたら、前に述べた先入観から、絶対拒否反応を示すと思う。

だからというわけではないが、ぶるぅにはあえて分かりやすい(?)言葉で「魔法をかける」と言っている。

「アタマが真っ白」な状態に覚え込ませることを、あえて「魔法をかける」と呼んでいる。

あまり難しい内容ではなく、ファンタジックな「魔法をかける」という言葉。

ぶるぅはこれに抵抗は示さなかった。

怪訝そうな顔はするのだが(笑)


先日、この状態で教え込んだのが、

「排便時に逝く」

だった。

確かに、太い便をする際にはキモチ良くなる事もある。背中にゾクゾクと走る

あの感覚である。

しかし、逝く感覚とはちょっと違う感覚だとぶるぅは言う。

先日もぶるぅよりメールが届いた内容には、

出先でトイレに行きたくなり、用を足したところ、尻穴を中心に、

太ももから背中にかけて鳥肌となり、ゾクゾクとした感覚が排便を終わるまで

延々と続いたとの事。

それも普通排便時の間隔とは違い、内股の筋肉が痙攣するような感じだったらしい。

つまり、脳は暗示をキチンと覚えていたということである。

その後の排便時もほぼ同様の感覚が続き、ぶるぅ自身が非常に不思議がっている。


……続きます。
スポンサーサイト
[PR]

comment 1 trackback 0
トラックバックURL
http://bluecallorwoman.blog.fc2.com/tb.php/232-13598b91
トラックバック
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2015.08.30 14:49 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top