08.09
Sun
こんにちは。

連日の更新、します。
書きたいことがキチンとまとまったので。



今回は、前回の引き続きになります。

また読んでくれる方を減らします(笑)

前回、「調教」は「洗脳」と書きました。

視点を変えれば、それは成立すると私は考えています。

ここで、ちょっと重要な意味を持つ内容、「解体」について、少し書きます。


私の敬愛する作家の一人、いとうせいこうさんの著書に「解体屋外伝」という本があります(確か…)。

もうかなり前の本なので、古本屋とかに行かないと見つけられないかもしれません。

もちろん、内容は小説です。

その中にあった内容が今回のテーマです。


その本に書かれた内容に、「解体」という言葉あります。

「洗脳」を施す前に、行う「解体」作業。

今までその人が培ってきた人格や考え方。

これを解体する人物の話になります。

一対一の話し合いで、解体屋の発する言葉は「なぜ?」だけ。

何を言うにも「なぜ?」しか言わない。

全てが問いだけ。

そしてその人の奥の奥に入り込み、最後の「なぜ?」が出るまで追い込む。

そして何も出なくなるまで「なぜ?」を続ける。

相手が何も言えなくなった時点で、解体屋の仕事は終わり。

そこから、新たに登場する「洗脳屋」がその人の人格を新たに形成する。


確か、こんな話の始まりだったと思います。

ここからいろんなストーリーが展開するという本でした(確か…)

私が注目したのは、「解体」した状態です。

これって「アタマが真っ白」なんじゃないかと。

本に書かれた内容とは違いますが、人格等は残した状態で、「解体」された状態なのでは…と。


だからこそ、教え込むことが、あたかも吸い取り紙のようにスルスルと記憶されてしまうのではないかと考えます。

ある種、怖い話かもしれませんが、主従の関係であればそれは成立する内容だとも思います。

お互いを理解した上で成り立つ行為ではないかと…。




……ハイ、またまた読者が30人減りました(笑)

スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
comment 2 trackback 0
トラックバックURL
http://bluecallorwoman.blog.fc2.com/tb.php/231-cb90e779
トラックバック
コメント
秘密のコメントさん、ありがとうございます。

そうなるといいんですけどね。
賛同頂きありがとうございます。

今後もよろしくお願い致します。
BA | 2015.08.11 07:19 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2015.08.10 18:05 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top