05.29
Wed
更なる快楽。
オマ○コで絶頂を迎える事ができるか…。

前回の試み、目隠しは失敗だった。
シチュエーションがまずかったのかもしれない。
ぶるぅはマゾの素質がある。
ならば、簡単な拘束をしてみよう。
そう考えて、簡単な道具を準備した。
拘束テープ。アダルトショップ等で販売されているヤツである。
粘着ではなく静電気で密着するというアレである。


ホテルに入り、いつもの流れでお風呂を済ましたのち、おもむろにテープを取り出す。
「今日はコレで拘束するよ。」
ぶるぅの表情が曇る。
「…はい。」
ベッドに寝かせ、手で自分を足首を掴ませる体勢、つまりはM字開脚の状態にする。
もちろん、ぶるぅのシモの毛は無いから、オマ○コはむき出し。
腕とふくらはぎをテープで固定し、そのまま太ももまで固定してしまう。

その状態で、じっくりと視姦する。
その視線に耐えれないのか、ぶるぅは動けない体を必死に動かし、腰を振る。
「…恥ずかしい…」
聞こえないフリをして視姦を続ける。
いつの間にか、その視姦に感情が高まったのか、乳首が硬くなっている。
じっくりと視姦したあと、蜜壺を開いてみる。
こぼれんばかりの汁。
何もしていないのに…。
指をゆっくり差し込んでみる。
「…あっ…」
いつもより濡れている。
このまま挿れてもいいぐらいの濡れ具合。
細めのディルドを蜜壺にあてがってみる。
入り口で焦らしながら、数回撫でるとディルドに汁がまとわりついてくる。
ゆっくりと挿れてみると、いとも簡単に飲み込んでゆく…。
クチュクチュと音を立てる。
ピストン運動をする度に、喘ぎ声が大きくなってゆく。
「…、奥が…、奥がイイですぅ…」
ぶるぅは子宮口の辺りが気持ちいいらしい。
ピストン運動を速めると、喘ぎ声が叫び声に変わる。

キモチ良くなるが、絶頂には至らない。
これがぶるぅの今までだった。
しかし、拘束することで、今まで動けた体が動けなくなり、気持ち良くなっても動くことが出来ない。
つまりは、キモチ良くなった姿を見られたくないという羞恥の感情が働いていると感じていたので、
あえて拘束してみた。
これが当たりだった。
身をよじって逃げようとしても体が動けない。
ディルドが当たるピストン運動をかわせない。
ぶるぅの声がアナルでの絶頂のときと同様に叫び声に変わる。

「おかしくなるぅ…、おかしくなっちゃう…」
殆ど絶叫に近い。
その声に呼応するように、ピストン運動を速めた。
「…いくぅ!」
背中をのけぞらせる。背中はもうベットにはついていない。
ぶるぅが見せたオマ○コでの絶頂の瞬間だった。
「…イケたね。」
「うん。」
「恥ずかしかった?」
「…見られて興奮したのか、イケた…。」
ぶるぅはオマ○コでの快楽を覚えた。
と同時に、自らの醜態を見られたい存在を見つけたようだった。
スポンサーサイト
[PR]


comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://bluecallorwoman.blog.fc2.com/tb.php/23-5609be13
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top