07.24
Fri
ご無沙汰しております。

また間が空いてしまいました。

長々と書いてた『アタマの快楽』も一区切りとなります。


では、終わった後はどうなるのか?

疑問に思うかもしれない。

事実から言うと、「アタマ」の快楽から解放してやると、ぶるぅはそれまでの事を殆ど覚えていない。

『アタマが真っ白』状態だから。

その状態がまたぶるぅを苛立たせる。

せっかくの快楽を全く覚えていないからだ。

しかし、体は正直なもので、その快楽を覚えている。

理性で抑えてはいるが、理性がある状態で愛撫をすると確実に反応する。

ここでもまた、ひとつの肉体に、ふたりのぶるぅがいると実感する。


最近は、そのふたりのぶるぅをなるべくひとりにする調教を行っている。

あまりうまく進んでいはいないが、事ある毎に強制的に理性ある状態に戻し、

今の状況をぶるぅに理解させるようにしている。

……、戻してもすぐに「アタマ」の快楽側に戻ってしまうんですけどね(笑)


この部分を掘り下げて詳しく書いて欲しいトコ、ありましたら、コメントでも何でも

構いませんので教えて下さい。書ける範囲で書いてみますので。

ぶるぅのスイッチキーワードについては書けませんけどね。

多分、個々で違うでしょうし、うまく行くとも限らないので。
スポンサーサイト
[PR]

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://bluecallorwoman.blog.fc2.com/tb.php/227-ce88b5fe
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top