09.03
Wed
おはようございます。

なんとなーく、ダルい昨今。
病院行かないと…、と思ってたら、以前にあった医者の話で、
行く気が萎えました。

ある歯科医にいったとき、ソコソコの病院なのでインターンの
方が担当されました。

単に親知らず抜くだけだったのに、治療時間90分。
他の場所の親知らず抜いたときは15分だったのに…。
麻酔のおかげでコッチは痛み皆無。

焦ったインターンの先生、ため息の連発。

医者のため息はなんとも不安にさせます。
でも私の親知らずは頑強に抵抗。
コッチは痛み知らずだから、なぜか楽しくなってくるし…。

トドメは、先生が小声で発した一言。
「………、初心に帰る……、初心に帰る……」
念仏のように小声で囁くんだから、堪りません。

なぜかこんなコトを引き寄せてしまう私には、呆れてしまいます(笑)

まったく関係のない話でしたが……。



続きです。




……、瞬時に判断した。

これはぶるぅの拒否反応であること。

このままの刺激を受けると自分で歯止めがかからなくなるという事への恐怖から……。

私は瞬時に考え、そして決断する。


愚息は抜かなかった。

ケツマ●コに刺さったディルドも抜かなかった。

そして、奥へ奥へと両方のいきり立ったモノを押し込む。

「あぁぁぁぁぁ……」

ディルドをお腹で押さえながら、ピストン運動と一緒に動かす。

両穴を同時にピストン運動する。


ぶるぅはもう朦朧とする意識の中で、その責めを受けていた。

「あぁぁぁ、あぁぁぁ」

突上げられる度に、あげる喘ぎ声。

冷静、且つ少し興奮気味にぶるぅの動向を確認していた。

愚息にまとわりつく粘液が殊の外、キモチ良く、ピストン運動を少し速めた時だった。

「ぐぅぅぅぅ……、ぐっ……、ぐっ……」

突然、ぶるぅの喘ぎ声が変わる。

突上げるたびに出す声が明らかに変わる。

「あぶぅ……、あぶぅ……、ぐぅぅっ……」

例えるなら、獣に近いような声。

声が変わるのとほぼ同時に、今度は蜜壺がキュッと締まり出す。

たまらない快楽。

いつもと違う感覚に、愚息の快感もいつもより速くなる。

「ぐぅぅっ……、ぐっ……、あぶぶぅぅ……、あばばぁぁ……」

もう言葉になっていない。

ピストンを一度止め、ぶるぅの顎を掴み表情を確認する。

もちろん、愚息とディルドは刺さったまま。

ぶるぅの顔は呆然としたまま変化がない。

半開きの目と、半開きの口。

視線は定まっていない。こちらが覗き込んでも目を合わせることすらしない。

そして脱力された体。

掴んだ顎から手を離すとそのままの体勢で、ベッドに崩れおちる。


……続きます。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
comment 2 trackback 0
トラックバックURL
http://bluecallorwoman.blog.fc2.com/tb.php/187-c19d6803
トラックバック
コメント
ミナさん、更にコメントありがとうございます。

前のぶるぅであれば、パソコンでいうフリーズ状態になったのですが、
この頃から、ギリギリのトコで意識はあるんだけど、頭はフリーズしてる
状態になってました。
ミナさんのいう「これ以上されたら怖い」ってトコで、それを飛び越す刺激を
加えたコトでその領域に突入したんだと思います。
その「怖い」という状態をパートナーさんが見つけてしまうと容易に超えられて
しまうのかもしれません。私も内心、ヒヤヒヤなんですけどね(笑)

……文章、長くてすみません。まとめるのがあまり上手くないので(笑)
今後も長文、駄文にお付き合い下さい。
BA | 2014.09.07 22:02 | 編集
私も、調教される中で、これ以上されたら怖いと思ったことが何度かありました。

多分、知らず知らずに歯止めをかけていたのかもしれません。

この記事を読んで、なんとなく、過去の自分を思い出してました。

ぶるぅさんの今後ますます読んでみたいって、あらためて思ってます。

私も、成長頑張ってみます。でも、文章長く書けて羨ましいーです。
ミナ | 2014.09.07 11:29 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top