05.11
Sun
おはようございます。

やっと通常業務復帰です。

またダラダラと長文で、失礼します。




無意識下での本音。

ぶるぅの本音。

隠された想い。

ご理解頂けた方が続きを読んでいると思います。


「マゾペット奴隷」と一度口にしたぶるぅ。

無意識下であっても、導いたとしても、言った事には変わりはない。

卑怯だという方もいるだろう。

しかしこの言葉を口にしたぶるぅに気持ちの変化があったという事は事実。


その後の調教の一コマ。

いつものように調教のご挨拶をさせてみた。

服は着たままだったが、ちゃんと正座し、調教を受けるために首輪を付けたぶるぅが、

床に手を付く。

伏し目がちに、こちらの顔を見て、小さな声で挨拶を始める。

「ご主人様……、本日のご調教、宜しくお願いします……。」

小さな体を折り曲げて、頭を下げる。

床に着かんばかりに下げたまま。

「はい、」

こちらが良しを言わない限り、頭を上げる事はさせない。

こちらの声に合わせて、頭をゆっくりと上げる。

「ご主人様、本日の体調をご報告します。マゾペット奴隷ぶるぅの本日の体調は……」

マゾペット奴隷……。

今まではマゾペットってしか言わないぶるぅ。

今日は「マゾペット奴隷」になっている。


これこそ、ぶるぅの気持ちの変化だろう。

望むべき姿になる決意の表れ。

今まで自分の中に作っていた壁を壊し、自分で歩き始めたぶるぅ。



以後の調教は、ずっと「マゾペット奴隷ぶるぅ」と言い続けている。


言えないという自分で作った壁を乗り越えたぶるぅは流石としかいいようがない。

頑張ったね、ぶるぅ。



まだ終わりません…、すみません。
スポンサーサイト
[PR]

comment 6 trackback 0
トラックバックURL
http://bluecallorwoman.blog.fc2.com/tb.php/158-8bcc4248
トラックバック
コメント
なほこさん、いつも励ましのコメントありがとうございます。

とりあえず…、って感じですけど。
続きでだいたい話は一区切りです。

でもでも、なほこさんには感心致します。
ちゃんとウチの子にも「様」をつけていただけるなんて。

ご主人様のご調教が行き届いてる証ですね。
羨ましい限りです。

今後も宜しくお願い致します。
BA | 2014.05.14 06:28 | 編集
BA 様

こんばんは
「壁」を乗り越えられたのですね。
私は、、あれからまだ一度も“牝豚”を口にはしていませんが、言いなさいと言われたら キチンと 言えるそんな気がします。
自ら言わない、言えない私はまだまだ 駄目 だなぁと反省。

無理矢理言わせてるわけではなく、ぶるぅ様の 変化 が素敵だと思います
なほこ | 2014.05.13 22:36 | 編集
怪さん、いつも励ましのコメントありがとうございます。

そんな大それたものでもないですよぉ(照)
私よりも怪さんの方がちゃんと愛情を注いでるじゃないですか!
こちらの方が羨ましい限りです。

怪さんの言われた通り、ゆるゆる進めていくつもりです。

ありがとうございました。

次ぐらいでこのシリーズも終わります。それまで暫しお付き合い下さいm(_ _)m
BA | 2014.05.13 22:14 | 編集
こんにちは(^^w

心からぶるぅさんを可愛がり、愛情を降り注ぐBAさんと、
心の底からBAさんを慕うぶるぅさん・・・素敵ですねぇ(~~
〝主従〟等という軽薄な言葉で繋がっているのではなく、
〝愛情〟や〝恋慕〟という、今の若者や熟年夫婦にさえ無い、
男女の関係で一番大事な気持ちで繋がっていることがひしひしと伝わってきます・・・。

愛情表現は人それぞれ・・・。
もちろん、ここに書かれている行為以外の時間でも、
同じ気持ちで接しているであろう事は言わずとも分かります。

ですのでこれからも他人の考えを気にする事無く、
今のお二人のままで素敵な時間を歩んでほしいと思います・・・。

そして、これからもお二人で過ごす素敵な時間の一コマを読ませて頂ければとも思ってます・・・(^^w
『怪』 | 2014.05.13 13:57 | 編集
野良さん、励ましのコメントありがとうございます。

そう感じて頂けると、少しは救われます。
どこかでそんな思いがあったのだと思います。…、いや、思いたいです。

信頼が深まる関係が築ける世界だからこそ、味わえるのではないかとも
思います。

今後も宜しくお願い致します。
BA | 2014.05.12 21:47 | 編集
お互いが想いあって信頼が深まれば深まるほど意識は変わっていくし、進化していきますね。
近頃、ひしひしと実感します。
その時は言わされたから言ったかもしれないけれど、心の奥底では本当は望んでいたのだとしたら、恥ずかしいけれど言えて嬉しいという気持ちもあったんじゃないかなって思いました。
野良 | 2014.05.12 17:21 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top