04.05
Sat
おはようございます。

天気が荒れています。

北海道は吹雪とか。

ウチのトコは、暴風雨でしたが、今は晴れ間もあったり…。

不思議な天気が続きます。


昨日の続きです。


結果として、ぶるぅには好評だった。

拘束されること自体は好きなぶるぅなので、縛ることにはあまり抵抗はないが、

終わった後の体の痛みが辛いから、ちょっと敬遠気味になるが、この縛りならあまり気にならない

らしい。

茶番ではあるが、しっかりと縛られていたので、身動きは出来ない。

そのままベッドに倒しても、転がるのが精一杯。


足は全く拘束しなかった。

押し倒し、密壷に指をあてがうと、その濡れ方はいつも以上。

滴らないのがおかしいぐらい。

前戯無しでも挿入できるぐらい。

「ご主人様、オチ●ポ様を入れて下さい!」

ぶるぅはいつの間にかスイッチがオンになっていた。


その密壷にチ○ポを滑り込ませる。

「………!」

いつもの感覚ではなかった。

いつもより締め付け方が違った。

全く違う場所がギューッと締め付けてくる。

「あ……、何これ……、全然違う……」

ぶるぅが声を出す。

いつもなら体の自由が効くので、好きな体勢を取れるが、今日はそれが封じられている。

その影響が密壷に顕著に現れた。

「ああぁぁぁぁぁぁ、何これ…!」

ぶるぅの喘ぎが絶叫に近くなる。

ピストン運動をさほどしなくてもぶるぅは絶頂に達する。

視点の定まらない、白目に近い感じ。

「あぁぁぁぁ、逝っちゃう!」


私が白い息を吐くまで、ぶるぅは何度と無く絶頂を迎えた。

私の白い息を処理させるため、ぶるぅの口にチ○ポを近づけると、ぶるぅは気絶していた。



縄に対する抵抗が少しは和らいだのだろうか。

あの逝きっぷりには私のほうが圧倒されてしまった。


…このシリーズは今回で終りです。

次はぶるぅ初体験の巻!
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
comment 2 trackback 0
トラックバックURL
http://bluecallorwoman.blog.fc2.com/tb.php/143-ef96a3c7
トラックバック
コメント
怪さん、いつも励ましのコメントありがとうございます。

怪さんだけではなく、私もですよ。
ま、そういう風になるように育てたって事にすれば、いいのではないかなとも思います。ぶるぅもそれを望んでますから。育てていく楽しみというのもなかなかではないでしょうか?

今後も宜しくお願い致します。
BA | 2014.04.09 06:09 | 編集
おはようございます^^w

やはり、女とは不思議な生き物ですねぇ・・・。
同じ様事でもその日によって感じ方が違ったり、
突然、自ら要求してきたり・・・と、時々、こちらが圧倒される事もしばしば・・・。

しかし、そんな不思議があるからこそ単純な男は、
こういう女性にのめり込むのでしょうね・・・^^;
あ、それは私だけか・・・?(~~;
『怪』 | 2014.04.08 11:07 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top