02.25
Tue
ご無沙汰しております。

不定期更新で申し訳ありません。

やっと暖かさが戻ってきました。

未だ先日の雪の影響があるようですが…。


この時期の外遊びは制限される。

当然といえば当然だが。

南の方ならまだしも、寒い季節はその触手も生えてこない。

しかし、する側の方はそうでもない。

言われたら、パチッとスイッチが入る。

スイッチが入った途端、乳首がモゾモゾする感覚に襲われるらしい。


いつものようにエロ話をしている中で、夏にやった外遊びの話になった。

もちろん、黙り込んだり、はぐらかしたり…。

しかしスイッチが入っているのは声のトーンで分かる。


寒くなると、厚着になるのは当然の事。

となると、コートやダウンジャケットといった厚手の服になる。

昨年の年末、寒さに耐えられず、スポーツ量販店で長めのダウンコートを探していると

ぶるぅが、ここぞとばかりに自分のも!、と探し出す。

そして安価(多分去年の残りか、サイズの問題か)な長めのコートを見つけ、そして購入していた。

私は図体がデカイので、価格の跳ね上がるので断念したが…。


そのときに購入したコートはぶるぅにはかかせない冬のアイテムとなった。

ひざ丈より少し長めのコート。

……。


察しの通り、それを着て外で遊ぶ算段が整った。


先日の調教日の前日、電話にて

「明日、迎えに行くときは、下はストッキング1枚ね。」

と伝えていた。

基本下着禁止にしているので、ぶるぅには別段抵抗はなかった。

「はい、ご主人様♪」

「それと、上着は無しで、コート一枚ね。」

「………、えーっ!」

抵抗はするものの、声はうわづっている。

「寒いよ!」

「興奮してるから大丈夫。」

「………、はい、ご主人様。」

そんな流れで、そのプレイは決定した。


当日。

記憶に新しい、あの雪の日。

ぶるぅの住む街は大雪で大混乱。

そこに行くまでは大したこともなく進んていたが、途端に交通網が麻痺する。

そんなこんなで、ぶるぅを何とかピックアップし、車に乗せる。


明らかに、ぶるぅはいつもより興奮している。

そして、胸元から覗く肌の度合いがいつもより広い。

「ちゃんとしてきた?」

「はい♪」

「寒くないでしょ。」

「全然♪」

「興奮してるでしょ。」

「へへへへへ…♪」

のろのろの交通網に悩まされながら、その調教は始まった。


スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://bluecallorwoman.blog.fc2.com/tb.php/119-edb98bca
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top