04.27
Wed
ドア。

自分が立っている場所から見える扉。

2つの扉。

自分の左側に、ひとつ。

その真逆の位置にひとつ。

静まり返った部屋にあるふたつの扉。

深い緑色を基調とした絨毯を部屋一杯に敷き詰めた、その部屋。

沈み込むような感覚が伝わってくるその絨毯。

周りを取り囲む部屋の壁は萌黄(もえぎ)色した壁紙で統一されている。

家具などは一切無い。

8畳ほどの広さのあるその部屋の明かりは、さほど明るくは無い。

でも暗い印象もない。

天井、それも部屋のほぼ真ん中に淡い光を放つ、暖色系の明かり。

静寂…。


その静寂の中から、かすかに音が聞こえてくる。

自分が立っている左側から。

………、音は扉の向こう。

小声で語り合うような感じ。

耳を澄まして聞いてみると、それは男女の声のようにも聞こえる。

話の内容までは聞き取れないが、何かを語り合うような感じ。

聞きようによっては、楽しそう会話するようにも、談笑するようにも聞こえるが、全く真逆の怠惰な、懺悔のような、
言い争うような感じも聞こえる。

興味本位で、その扉の方へ歩いてみる。

ぱっと見、普通の扉。木製で、等身大の、何の躊躇もなく開けれそうな扉。

持ち手は重厚な作りではあるが、何故か気軽に入れそうな感じ。

丁度、目線の先に小さなプレートがかけてある。

これも木製。

小さな文字で、

「お気軽にどうぞ。欲する欲だけ、満たせます。」

と書かれている。

ひそひそとした声はまだ聞こえている。

声が聞こえる分、幾分かは落ち着くような感じはあるが、そうでもない感じもある。

その理由は分からない………。



そのプレートのちょっと下のところに、小さな穴が開いている。

豆粒ほどの小さな穴。

覗きこめるかと、顔を近づけてみるが、その先は闇。

部屋の明かりがその穴の届くところまでは薄暗く照らしているが、その先は闇。

声はなおも続いている。


ふと、気になって、後ろを振り返る。

反対側にある扉。

鉄製で、錆びかかって、開きそうにないそのドア。

今立っているドアの前にくると、無性にその真逆にある扉が気になる。

沈み込むような感覚の絨毯の上を、一歩一歩歩いてゆく。

サクサクと絨毯がかすかな音を立てる。


真逆の位置にある扉の前。

静寂………。

扉自体、さび付いている。

しかも向こうの扉より、重そうで、頑丈な作り。

さらには、向こうの扉より小さい。

幾分かではあるが…。入るなら、頭を下げないと難しいかもしれない。

鈍い光のみを放つ、その扉。

向こうの扉と一致しているのは、目線の先にかけられたプレート、そして小さな穴。

プレートも錆びついているような汚れがつき、そこに係れた文字も判別しにくい。

「この先に希望を感じたもののみ、中へどうぞ。」

そんな風に読める。

ピンと張りつめたような緊張感に襲われる、その扉の前。


小さな穴を覗いてみる。

穴の中はやはり闇。部屋の明かりが徐々に先細り、そして闇となる。

………、ただひとつ、針孔ほどの小さな穴から弱い明かりがその先に見える。

ロウソクの揺らぎにも似た小さな明かり。


気付くと、元居た場所に立っている。

声は未だにかすかに聞こえる。

もう片方からは何も聞こえない。




あなたは、どのちらの扉を選ぶか………。

等身大の木製の扉か、小さ目の重厚で錆びのついた鉄製の扉。



comment 0 trackback 0
04.26
Tue
こんにちは。

久々に連日で更新できました。忙しさもだいぶ落ち着いた感ありますので。


昨日、久々にblogをUPしましたところ、ブロともの@iさんからコメント頂けまして、
その中にあった、「あと一歩」について書こうかと。

書こうと思って、準備していたら、@iさんのblogにそのキーワード的なものがありまして…、ちょっとビックリな感じです。

ウチのぶるぅに必要な、「あと一歩」っていうのは、『気持ちを伝えること』なんです。

例えば、朝起きてでもいいですし、昼にドラマ見たりとか、夜に本を読んでたりとか、日常の何気ない時に、ふと入ってしまう
エロのスイッチ。
ま、そういう感じでなくても、喫茶店で離れた席に座ってた異性の何気ない仕草がスイッチという事もあるでしょう。
そのスイッチが入っている状態を、きちんと伝える事が必要だなって思うんです。

それとか、今日はムチで罰が欲しいなって時に、主様が選ぶプレイは縛りだったりとか、バイブ使って欲しいなって時に
ローターのみだったとか、ほんの小さなコトを伝えて欲しいっていう、要望なんです。

こんな風に書くと、
「奴隷」なんだから、選り好みさせる方がおかしい!!
なんて言われるかもしれません。
それも当然かなって思う事もあります。
でもそれは、下した命令について、が前提だと思うんです。

奴隷が要望してもそれは構わないんでは、というのが私のスタンスです。
それを叶えるか叶えないかは、コッチのさじ加減であって、要望自体はあっていいと思ってます。
うまくやるなら、下した命令をムチとして、奴隷の要望をアメにして、バランスを取るという方がいいのではとも考えます。

だから、ぶるぅには調教前にきちんと挨拶をさせていますが、その際に必ずその日の要望を聞くようにしています。


…ただ、…ただです。
私の偏った見方かもしれませんが、従者側の大半って、オクテな場合が多いように思えます。
◎◎してほしいんだけど、これを言ったら嫌われる」とか、
◎◎っていったら、怒られる」とか、
相手の顔色を伺う的な行動が多くなり、その結果、オクテになってるような気がします。

ま、ハキハキした従者ってあまり居ないような気もしますけど(笑)

ウチのぶるぅも、このパターンで、自分に対するコンプレックスからか、相手に伝えるっていうのが、得意ではない。
モジモジしちゃって、何も言い出せなくなります。
それがあって、調教前の挨拶では自分の意思をキチンと言えるようにさせてるんですけど、ここがまだもう一歩というトコなんです。
その最大の要因は、「口に出して言うこと」のようです。
殆どのM系の奴隷、もしくは従者は、思い当たるフシがあると思います。
これを何とか克服させようと、今、頑張っています。

その解決策のひとつとして、今、ぶるぅに実践させているのが、
言えないなら、行動で。
なんです。
言葉に出すっていうのは、従者にとってかなり勇気のいることだと思います。
その負担を軽減する意味で、行動させることを今、させています。

具体的には、前述の日常生活にてスイッチが入ったとします。
ただ主様は疲れてるとか、期限が悪そう、といった感じだったとしたら、言葉に出すのはちょっとためらってしまいます。
そんなときには、服を脱いで、正座をして待つ、をさせています。
出来るなら、自発的に首輪をつける、ということもさせています。
また、ずっとその状態で待つのではなく、主様が自分の傍に来るって分かった時点で、その行動をするとか、自分の視界内に
主様が居続ける状態のときに、その行動をするという感じでしょうか?

分かりやすい例を挙げるなら、
自分がリビング等に居て、スイッチが入っている状態。
主様は、トイレとかお風呂とかで、自分の視界内に居ない状態。
そんなときに、自発的に服を全て脱ぎ、首輪をつけ、正座をして、何も言わず待つ。
言えず待つが正しいかもですけどね。
主様はその行動を見て、何かをして欲しいという要望を、従者から受け取る。
こんな感じでしょうか。

この行動を取ることだけで、スイッチのON/OFFを判断出来るのではと思い、実践させてる最中です。
これには、色んなバリエーションを含めることも出来ます。
正座する自分の前に、使ってほしい道具を置く、なんてのも有りだと思います。
ムチが欲しいならムチを、ロウソクが欲しいならロウソクを、バイブが欲しいならバイブを置く。
立派な意思表示だと思います。

これを足掛かりにちゃんと言わせる手段を模索していこうと、いろいろ画策中です。

今のところは、ある程度出来るようにはなってきてますけどね。


またまた長文になってしまいました、申し訳ありません。
comment 0 trackback 0
04.25
Mon
ご無沙汰しております。

近況はその都度、ポツポツと書いておりますが、何分にも忙しく、更新のヒマが無いのが現状。

やっとこさ、そのピークを越えたので、またまたポツポツと書こうかと…。

昨今、地震やら天災やらありますので、皆様もその備えだけはある程度された方が良いかと。
続きを読む
comment 2 trackback 0
04.14
Thu
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

back-to-top