07.27
Sat
すごろくで言う、一回休みという事で、お付き合い頂ければと…。

先日、ちょいと遠出をしまして、写真展なんぞをぶるぅと一緒に見て参りました。

何かしようか…と出かけたはいいけど、お目当てのイベントが雨天中止。

ということで、更に足を延ばして、北のほうへ。

篠山紀信さんの「写真力」という写真展を見に行ってきました。


…で、感想は…、というとやはり凄いですね…。

ぶるぅは早々に飽きたようでしたが、ちょっとハマってしまい、延々とぶるぅに呆れられる
までじっと見てました。

見て、感想の一言目が、ポートレートが上手くなりたいでした。

デジカメの出現で、誰にでも手軽に写真が撮れる時代になりましたが、その中でプロとして
やっていくというのは、それなりのセンスみたいな物がないとダメなのかなとも思います。

かなり以前、何かのバイトの絡みで、秋山正太郎写真館のお手伝いみたいな事やったときに、
その会場に有名な俳優さんとかのモノクロの写真が飾ってあり、それを見たときもやはり
衝撃を受けた覚えがあります。

そのときはまだフィルムの時代でしたし、一眼レフも一応ありましたが、ただあったというか、
カメラに写真を撮らされてる感じの写真しか撮れませんでした。

で、そのときの写真と今回の写真展を見て、違うな…って感じたのが、篠山さんの写真には
何と表現していいのか分かりませんが、ピンッと張り詰めた空気のようなモノを感じました。

例えて言うなら、日本刀のような感じ。刀自体は美しさもあり芸術品と呼ばれているモノですが
その奥には何か張り詰めた空気のような感じがある、といった感じ。

展示されているどの写真からもその空気が感じられました。アイドルの写真でも俳優さんの写真でも
その空気が痛いぐらい伝わってきて…。

で、前に見た秋山さんの写真も思い返してみたら、その空気があったような気がします。

柔らかいタッチの写真で見やすい写真が多かったと思いますが、今の私の見方からすれば、同じ空気が
感じられると思います。

その空気感が出せるようになったら、プロの領域って事なのかな?

日々、精進です。

駄文、申し訳ありません。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

comment 0 trackback 0
07.22
Mon
ぶるぅを傷つけてみることにしたワケだが、その手始めとして思い浮かんだのが、
スパンキングだった。
よくSM系AVでは頻繁に見られる。
海外のAVでも見られる、お尻への平手打ち。
但し、海外のAVでは交尾中のスパンキングが結構多いようだ。
それをぶるぅにしてみるは、ちょっと違う感じがした。
快楽を助長するものではなく、それ自体で快楽が得られるのかを試してみたいからだ。

いつものようにデートし、ホテルに向かう。
ぶるぅは、いつになくウキウキしていた。デート→ホテル=イジメてもらえるという
公式がぶるぅの中には出来ていたからだ。
いつものように、ベッドに入り、ぶるぅの求めに従って行為をする。
イケないスイッチ解除後のぶるぅは、堰を切ったようにイキまくる。
乳首をイジメては、声を上げてイキ、密壺を溢れ出さんばかりに潤わせる。
チ●ポの挿入で絶頂に達する。
挿入状態で乳首をつまみ上げれば、容赦ない締め付けがチ●ポを襲う。
子息が白い吐息を吐く頃には、朦朧とした意識の中、快楽の波にぶるぅは居た。
まったりとした時間を過ごすつもりは無かった。
絶頂の波がようやくおさまり、体を動かし始めたぶるぅの尻たぶをゆっくりと撫で始めた。
くすぐったさなのか、気持ちがよいのか、体を小刻みに動かし、時折吐息と喘ぎ声を出す。
丹念に丹念に、片方、ぶるぅの左の尻たぶから、腰の付け根、足の付け根をゆっくりと撫でてやる。

5~10分ぐらい、丹念に続けると、指先の動きに反応し、ぶるぅの喘ぎ声はだんだん大きくなってゆく。
「…ご主人様、気持ちいいです。」
ぶるぅの、喘ぎ声の合間に出した小さな声。
「ゾクゾクするぅ…」
小刻みに震えるぶるぅ。堪らない快楽らしい。
それまで、手のひらや指の腹を使ってゆっくりと丹念に愛撫を続けていた。
ぶるぅの反応の良い、尻たぶや、腰の付け根部分を撫でるとき、少しずつ指の腹から、指先で
愛撫するようにしてみる。
撫でられる感覚から、指先、つまりは爪で引っかかれるような感覚に変えていった。
「…ああぁぁ…」
小刻みに震える症状は変わらない。
「ゾクゾクするぅ、ゾクゾクするぅ…」
訴えかけるぶるぅの声がだんだん大きくなる。
撫で付けた尻たぶ周辺に鳥肌が立ち始めていた。 
爪で撫で付ける度に喘ぐ。
幾度と無く、爪で撫で付ける行為を続けると、密壺から一筋の愛液が…。
その感覚に全身が反応している。
撫で付ける度に、体をくねらせ、その快感から少しでも身を逸らそうと腰を動かすぶるぅ。


愛液の量はさほど多くはなかったが、思い切って爪を立てて引っかいてみる。
「…あああぁぁぁ…」
喘ぐ声は変わらない。その声の大きさも…。
感じている時のぶるぅの喘ぎ声と殆ど変わらない。
尻たぶに一筋の赤い線が出来ているのに、それを快楽と感じている。
「気持ちいいのか?」
「うん、気持ちイイですぅ…」
「もっとして欲しいのか?」
「…はぃ…」
ぶるぅは朦朧とした意識の中で、返事をした。
もう何をされても気持ち良くなるような感覚。
「もっと、大きな声でお願いしなさい!」
無意識のうちに、私は平手でぶるぅの右の尻たぶを叩いていた。
まだ張りの残る、熟した尻たぶが揺れる。
「うぅッ!」
たまらず、ぶるぅが声をあげる。
平手を受けたぶるぅの尻たぶが赤くなる。
しかし、ぶるぅからは痛みを訴えるような声は出なかった。
「ちゃんとお願いしなさい!」
続けざまに同じ右の尻たぶを平手で張り上げる。
「うぅぅッ!」
体をのけぞらせ、ぶるぅが声をあげる。
…ぶるぅからは返事が無い。
赤くなった尻たぶの部分を円を描くように爪で撫で付けながら、
「お願いができないなら、このままにしようか?」
と問いかけ、言い終わったところで、すかさず平手打ちを加える。
「うぅぅッ!……、き…気持ち…いいです。」
「何が気持ちいいんだ?」
爪でひっかくように撫で付けながら問いかける。
「引っかかれるのも…、叩かれるのも…、気持ちイイです…」
「叩かれて気持ちイイのか?」
ぶるぅの右の尻たぶに平手打ちを加える。
「うぅッ!…、…はい…、気持ちイイです…、ゾクゾクします…」
力を込めて、同じ部分に平手打ちを2発加える。
「イイですッ! …もっとお願いします…」
続けざまに3発の平手打ち。
「あぁぁッ!、イイッ…」
ぶるぅに痛いという感覚はもう無かった。
自分でも無意識のうちに、ぶるぅの尻を続けざまに叩き続ける。

もうその手を止めることなく、平手打ちの連打。
「あぁぁッ!、あぁぁッ!、」
ぶるぅが突然、腰を引き始める。
自分にはもう力の加減している感覚はなかった。
「ダメッー!、ダメーッ!……イクーッ!」
叫び声をあげながら、ぶるぅはベッドに倒れこんだ。

ぶるぅは、絶頂を平手打ちで迎えてしまった。
尻たぶは真っ赤に腫れあがっている。
叩いた手も痛みで、感覚がおかしくなっている。
ぶるぅは叩かれることでも、快楽に変えることができてしまった。
行為中、一度も痛いと発することなく…。
「…、イッちゃいました…、ありがとう…ございました…。」
か細い声でぶるぅが返事をする。
この頃から、絶頂を迎えたら、そう返事をするように躾を始めていた。
「…爪で撫でられてる途中から、頭、真っ白になっちゃいました…」
ぶるぅの正直な感想だった。
「叩かれてもイケたね。」
「…はい。」
「また違う世界を発見したね。マゾの世界を。」
「はい、」
「また、して欲しい?」
「……はい。お願いします。」
「マゾになるの? いいの?」
「ご主人様のマゾペットになりたいから、もっとして下さい。」
ぶるぅの決意は固かった。

違う世界の扉を開けてしまった。さらに上の快楽へと。 
comment 2 trackback 0
07.10
Wed
快楽の次に、痛楽を覚えたぶるぅ。
その幅を拡げるべく、乳首責めは続けている。
その成果もあってか、普通の愛撫では乳首が気持ち良くはなるが、スイッチは入らないらしい。
ゴリゴリと擦る愛撫では、股間をグッショリ濡らすほど…。
前戯など要らないぐらいにしっかりと濡らし、しっかりイク。
だから調教の前のドライブで、乳首に触れると、異様な程に敏感になっている。
ドライブ中にしっかりと乳首への責めをするだけで、ホテルに入ると同時に前戯無しで挿入できるぐらい。
ぶるぅもそれを望んでいるらしく、自分からおねだりする。
ペットしての自覚、マゾとしての自覚が芽生えてきたのか?

乳首を責め始めてから、ゴーマルなぶるぅでも乳房が大きくなっている。
乳房に対しては責めを始めてはいない。
しかし、ぶるぅ曰く、ブラジャーのサイズが大きくなった…とか。
敏感な乳首、育つ乳房。

よい方向に成長している証拠だろうか…?


痛みをも快感に変えることが出来た、ペットのぶるぅ。
子供の頃の寂しさを紛らすために自らの体を傷つけていた日々が、自分の気持ちを落ち着ける
唯一の手段だった、ぶるぅ。
リストカットも考えた程、追い込まれていた青春時代。
でも自分ではその勇気がなかったのか、リストカットだけはしなかった。
その代わり、体のあちこちを掻き毟り、瘡蓋(かさぶた)を作っては自ら剥ぎ、痛みを求めた
過去のある、ぶるぅ。
自ら痛めつけることを選んだぶるぅだが、他人からの暴力は殆どなかったようだ。
両親に手をあげられたこともあまり記憶にないという。

誰だって痛いのは嫌である。
ぶるぅだって然り。
ぶるぅが痛みを求めるときは、決まって心が不安定な時。
自分が生きているということを他人に認めて欲しい時。
そうしないとぶるぅは落ち着かない。

出会った最初の頃は身辺が不安定で、心も不安定になっていた頃のようだ。
だから、私に隠れて自分で自分をいじめていたのだという。
その不安定なぶるぅを何とかしてやりたかった。
もう不安になる事は無いのだと、言ってあげたかった。
私がぶるぅを飼うと約束した日、違う約束もした。
「自分を傷つける事はやめなさい。」と。
そして、もうひとつ、
「もし、傷つけたくなったら、私を呼びなさい。心が落ち着くまでいじめてあげる。」と。
ぶるぅは躊躇なく、
「はい。」
と返事をする。

以降、自分で自分を傷つけることはしていない。体に残された傷は少しずつだが癒えてきて
いるようだ。瘡蓋(かさぶた)も殆ど見かけない。
しかし、私がそう宣言したものの、信頼のおける他人から傷つけられたとき、ぶるぅは
どんな状態になるか、本当に落ち着けるのか、確証は無かった。

…試してみる価値はある。
しかし代償も大きいと考えた。
幼少期、同級生、特に異性からのイジメがあったという。
そんな類の話をぶるぅから聞いていた。
イジメというトラウマが再燃しかねないのでは?という考えもあった。
しかし、ぶるぅの心は意外にも強かった。
我慢強いというか、忍耐力があるというか、イジメで心が折れてしまうことはなかったようだ。
昨今言われているイジメとは異質だったのが、救いだったようだ。
…決心を決めた。
やってみなけりゃ、分からない。


comment 0 trackback 0
07.05
Fri
タイトル通りです。

また一回休みです。

_DSC0098s.jpg

先日、散歩中に見かけた雲。

まるで、チ●コのような雲。

しかも挿入中…的な。

亀の頭はしっかり入った感じ(笑)

良く見れば、袋もあったり…(笑)

こういうのも妄想も楽しい。

次はぶるぅを書きます.
comment 0 trackback 0
07.03
Wed
不定期更新です。申し訳ありません。

閑話休題。

先日、先輩諸氏のブログを徘徊してまして、見かけた花の写真。
何の花だったか名前もわかりませんが…、ちょっとひっかかりまして。

花の魅力。

一般的には、「キレイ」とか「カワイイ」とか「ステキ」とか…。

でも、私はエロスを感じることの方が多い。

DSC_0031ss.jpg

以前撮ったスイセンの花。

花がオマ●コのように見えたんです。

実際には花にとって生殖を行う場であり、他の虫を惹きつける場でもあるから、まんざら間違いでもない。

よく官能小説に、オマ●コを「花弁」と書いているのも目にします。

…ま、全てが全てではないのですけど。


花が美の象徴であるのは間違いないのかもしれません。

RIMG0047ss.jpg

ぶるぅと散歩に行ったときに見つけた蓮の花。


蓮の花を見ると「菩薩」に見える感じがします。

それぐらい何か、表現できないけど、何かあるのでしょう。

皆様のパートナー様も、この蓮の花のように菩薩のような存在なのでしょうね。

だからこそ、大切にしないといけない、と思います。

勿論、ウチのぶるぅもペットですけど、私にとっての菩薩ですけどね。


花について思うこと、ずらずらと書いてしまいました。

comment 0 trackback 0
back-to-top