06.19
Wed
マゾのみ分かる「痛楽」、サドのみあたえることの出来る「痛楽」。
ぶるぅもここまで成長し始めました。
拘束の味を覚えたぶるぅが、次に覚えるのは「痛みを快楽に変える」こと。

前の記事で、ぶるぅの過去について書いてますが、痛みが自分の気持ちを落ち着けさせる手段と
いうことを知っていました。
子供が親、もしくは大人の気を引きたいがために、アチコチ痛いというアレです。
ぶるぅも非常に寂しがり屋です。
兄弟に比較され、不遇な幼少時代を過したようです。
幼少時代の話を聞くとネガティブな内容の話しか返ってきません。
だから、何とか親の気を引き付けようと、自傷することを選び、続けていたようです。
それがいつしか自傷することで自分の気持ちが落ち着くようになったとか…。
今は自傷はめったにというか、出会って飼い始めてからは一度もしていません。
ぶるぅには、ハッキリと
「自分の体を傷つけたくなったら、その何倍の痛みを私が与えてやる」
と伝えてあります。
その成果も出たようです。
「痛楽」を教え込む事も、この話がきっかけでした。


ぶるぅに施した一番最初の「痛楽」は、掴み易いトコロ…。
指でつまめる簡単で刺激の強い場所。
ぶるぅにとって、キモチヨイトコロ。

乳首。

この発見も何気ない戯れから起こりました。
ぶるぅとベッドにて愛撫をしあっていたとき。
ぶるぅの小さな胸(お腹はタブタブですが、胸は小さめです…とりあえず)を優しく揉むつもりだった。
人差し指と中指の付け根部分で乳首をつまみ、胸を揉む形を取ろうとしていた。
薬指だったか中指だったは定かではないが、副乳に指が触れるような状態。
揉む行為に夢中だった私は、揉むために力を入れたはずが、人差し指と中指に思わず力を入れてしまった。
普通であれば、
「痛い!」
と叫び声をあげるはずである。

ぶるぅは違った。
「ああっ!」
喘ぎ声をあげた。
痛かったのかと、力を緩め、ぶるぅの顔を覗き込む。
「…キモチヨカッタです。もっとシテ下さい。」
「痛くないの?」
「…何かキモチよかった。」
「痛かったはずだよ?」
「ううん、刺激はあったけどキモチよかった。」
胸から手を離し、親指と人差し指で左の乳首を摘み、指でコリコリと動かしてみる。
「…もっと強くてイイです。」
ぶるぅの願いを叶えるべく、乳首を人差し指の第二間接の上に乗せ、上から親指で押し付けてみる。
「ああーっ!、いいーっ!」
強めに力を入れ、乳首に親指をゴリゴリと押し付ける、
「痛いけど、すごくイイですー!」
ぶるぅの喘ぎ声に、乳首をひねり潰すような形で力を入れる。
「痛いっ! 痛いっ!」
叫び声をあげる。
…しかし力を入れたその手を払おうとはしなかった。
体をのけぞらせ、痛みと快楽の中で、のた打ち回っている。
力を緩めず、ゴリゴリとこすり続けた。
「イキますっ! イキますっ!」
喘ぎ声は無く、叫び声しかなかった。
逃げようとしても乳首を押さえられているので、動けない。
力任せに乳首をひねり上げる。
「ああーーーっ!」
背中がのけぞり、叫び声が響く。
あまりの声に乳首を掴んだ手を緩めてしまう。

ベッドの中に崩れ落ちるぶるぅ。
肩で息をしながら、あらぬ方向を見ている。
「イッちゃいました…。…乳首でイッちゃいました…。」
「乳首、よかったの?」
「うん」
「もっとして欲しいの?」
「痛かったけど、頭真っ白になっちゃった。」
「ぶるぅはまたひとつ、目覚めたね。マゾに。」
「…わかんないけど、…クセになるかも…(笑)」
痛みを快楽に変える。

ぶるぅに教えたかった事を彼女は、いとも簡単に開花させてしまった。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

comment 2 trackback 0
06.10
Mon
自らの快楽の扉を開けることが出来たぶるぅ。
満足そうな顔で、こちらをじっと見ていた。
恥じらいながら、
「ご主人様のおち●ぽ様を入れてください…」
節目がちに見ながら、そうおねだりする。

ゆっくりとぶるぅのおま○こに私のち●ぽの先をあてがってみる。
腰を動かし何とか自らの蜜壺の中に、その肉棒を入れようとするぶるぅ。
ぶるぅの蜜壺はわたしののモノを受け入れるにはちょっと小さい。
亀の部分をちょっとずつあてがってみると、みるみるうちにヌルヌルになってゆく。
拘束されているので、濡れ方が尋常ではなくなっている。
いつもなら挿入にだいぶかかるぶるぅも拘束されているので興奮度が違った。
「もっと欲しいです。」
せわしなく手を動かすので、手首を固定しているテープを解いてやると、
とたんにその手を私の腰に添え、私を引き寄せようとする。

ち●ぽを奥へ、奥へ押し込もうとしている。
腰を引き寄せようとする力、尋常ではなかった。
その力に任せて、ち●ぽを奥へと滑り込ませると、ぶるぅの声が大きくなる。
ぶるぅは奥へ、奥へと入れたがる。
女性の快楽のツボ、つまりよく言われるGスポットがぶるぅのツボではなかった。
確かにGスポットがキモチイイという感覚はあるらしい。
しかし、今は奥、つまり子宮口周辺の快楽に酔いしれている。
せわしなく手や腰を動かし、悲鳴に似た喘ぎ声で快楽を貪る。
「…、おかしくなるぅー!」
何度も突くとぶるぅは必ずこの言葉を口にする。
何故か、奥がキモチイイはずなのに、拘束された足の動く範囲で私の体を遠ざけようとする。
…が、手は私の腰に添えられていたりする。

ストロークの長いピストンより、しっかりと奥に差し込んだ状態で、小さなピストン運動のほうが
ぶるぅはキモチがよいらしい。
突然、おま○この中が収縮し始める。
ぶるぅは背中を丸め、うつむき加減で震えている。

イッたのだ。
ついに生のち●こでイッたのだ。
しかし、ピストン運動を止めることはしなかった…


ぶるぅは、拘束された事で、自らの殻を破り、快楽を手にした。
逃げ場がないのだから、当たり前なのだが、拘束されている時点でマゾへの目覚めもあったようだ。
ぶるぅに快楽の波が押し寄せると、突然オマ○コのあちこちが収縮し始める。
年齢も年齢なので、締り云々は気にしてはいない。
むしろ、ぶるぅのオマ○コは締りのよい方だと思う。
これはいつもなのだが、オマ○コへのチ●コ挿入時は、必ずといっていいほどスムーズに入って
いかない。

私のチ●コが太いのか、ぶるぅのオマ○コがちいさいのか…?
それはご想像にお任せする。

亀さんが姿を隠す程度のところで、行き止まり感がある。
この時点でぶるぅのオマ○コが濡れていない訳でもない。滴るほど濡れている。
でもスムーズには入らない。
締りの問題なのか? ぶるぅもその事には気づいていて、ちょっと辛いらしい。
だからといって、そこで再度抜いて、クンニするということもない。
そのまま亀さんだけのピストン運動を繰り返し、ゆっくりとゆっくりと挿入してゆく。
ぶるぅもその辛さ(痛み)が自身の快楽のひとつであり、楽しみのひとつなのだとか…。
飲み込む量が増えるたびに愛液でヌルヌルになる。
すると、ぶるぅのオマ○コは次第に広がってゆく。

しかしこの時点ではぶるぅのオマ○コはあちこちで収縮していた。
私自身の快楽に任せて、ピストン運動を続けるとぶるぅが喘ぎ声の間にかぼそい声で
「…もっと突いてください」
とお願いしてくる。

ぶるぅは出会った当初から、何故かゴムを付けさせなかった。
かといって、避妊するわけでもない。
ゴムの感触がイマイチらしい。
なので、ぶるぅのオマ○コの収縮はダイレクトに伝わる。
ぶるぅがイク度に収縮が続く。

…私もぶるぅのオマ○コで絶頂を迎えることになった。
私の分身がぶるぅのヘソの穴一杯に溢れていた。
ぶるぅは満足そうに微笑む。
「…やっぱり、ご主人様が一番です…。キモチヨカッタです…。」
またひとつ、壁を乗り越えた。

…中には出したいけど、それはまだお預けです…。
comment 2 trackback 0
06.01
Sat
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

back-to-top