05.29
Wed
更なる快楽。
オマ○コで絶頂を迎える事ができるか…。

前回の試み、目隠しは失敗だった。
シチュエーションがまずかったのかもしれない。
ぶるぅはマゾの素質がある。
ならば、簡単な拘束をしてみよう。
そう考えて、簡単な道具を準備した。
拘束テープ。アダルトショップ等で販売されているヤツである。
粘着ではなく静電気で密着するというアレである。


ホテルに入り、いつもの流れでお風呂を済ましたのち、おもむろにテープを取り出す。
「今日はコレで拘束するよ。」
ぶるぅの表情が曇る。
「…はい。」
ベッドに寝かせ、手で自分を足首を掴ませる体勢、つまりはM字開脚の状態にする。
もちろん、ぶるぅのシモの毛は無いから、オマ○コはむき出し。
腕とふくらはぎをテープで固定し、そのまま太ももまで固定してしまう。

その状態で、じっくりと視姦する。
その視線に耐えれないのか、ぶるぅは動けない体を必死に動かし、腰を振る。
「…恥ずかしい…」
聞こえないフリをして視姦を続ける。
いつの間にか、その視姦に感情が高まったのか、乳首が硬くなっている。
じっくりと視姦したあと、蜜壺を開いてみる。
こぼれんばかりの汁。
何もしていないのに…。
指をゆっくり差し込んでみる。
「…あっ…」
いつもより濡れている。
このまま挿れてもいいぐらいの濡れ具合。
細めのディルドを蜜壺にあてがってみる。
入り口で焦らしながら、数回撫でるとディルドに汁がまとわりついてくる。
ゆっくりと挿れてみると、いとも簡単に飲み込んでゆく…。
クチュクチュと音を立てる。
ピストン運動をする度に、喘ぎ声が大きくなってゆく。
「…、奥が…、奥がイイですぅ…」
ぶるぅは子宮口の辺りが気持ちいいらしい。
ピストン運動を速めると、喘ぎ声が叫び声に変わる。

キモチ良くなるが、絶頂には至らない。
これがぶるぅの今までだった。
しかし、拘束することで、今まで動けた体が動けなくなり、気持ち良くなっても動くことが出来ない。
つまりは、キモチ良くなった姿を見られたくないという羞恥の感情が働いていると感じていたので、
あえて拘束してみた。
これが当たりだった。
身をよじって逃げようとしても体が動けない。
ディルドが当たるピストン運動をかわせない。
ぶるぅの声がアナルでの絶頂のときと同様に叫び声に変わる。

「おかしくなるぅ…、おかしくなっちゃう…」
殆ど絶叫に近い。
その声に呼応するように、ピストン運動を速めた。
「…いくぅ!」
背中をのけぞらせる。背中はもうベットにはついていない。
ぶるぅが見せたオマ○コでの絶頂の瞬間だった。
「…イケたね。」
「うん。」
「恥ずかしかった?」
「…見られて興奮したのか、イケた…。」
ぶるぅはオマ○コでの快楽を覚えた。
と同時に、自らの醜態を見られたい存在を見つけたようだった。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
comment 0 trackback 0
05.26
Sun
ぶるぅは精神的な繋がりとして、また服従の証として、剃毛、いわゆるパイパンを自ら選んだ。

今もその証は続いている。

しかし、ぶるぅは精神的にも物理的にも繋がりたかったようだ。

物理的…。

いわゆるモノを介しての繋がり。

結婚した異性同士を繋ぐ物理的なモノとしては、指輪、いわゆる結婚指輪がある。

しかし、ぶるぅはその指輪を求めなかった。

俗に言うバツがあるから…。


いくら信じてついていっても、その指輪ではお互いを繋ぎ止めることは出来ないという想いが
あるようだ。

「指輪といっても、繋がってないから、その契りは永遠じゃない。」

ぶるぅはそう考えているようだ。


世間一般には、異論があると思う。

気持ちの問題だよ、とか言われる。

けれど、ぶるぅは指輪を求めなかった。

より深い繋がりを欲していた。


世間一般で、結婚するカップルは、「見えない赤い糸」で結ばれたと言われている。

その赤い糸で繋がっているから出会えたのだ、と。


しかし昨今、その糸は容易に切れ易い。

相当数のカップルの糸がプチプチ切れているという。

何せ、相手は糸である。切れても仕方がない。


そんな想いもあり、私はぶるぅに提案をした。

「首輪を付ける?」と…。

ぶるぅの返事は、良い返事ではなかった。

そこで自分の想いをぶるぅに説明した。

「結婚するカップルって赤い糸で結ばれているっていう。

 でもサドとマゾの関係って、もっと深い関係があるよね。

 お互いがお互いを認め、欲している。

 一方はイジメたい。一方はイジメられたい。

 そんな関係にはもっと太い繋がりがあると思うよ。

 私が考えるのは、首輪と鎖。

 鎖を持つサド側がしっかりと握ることで、その繋がりは更に太く強くなると思う。

 簡単に切れる糸より、逃げようとしても逃げれない首輪と切ろうとしても切れない鎖。

 これは私とぶるぅの関係にピッタリだと思うよ。

 だから、ぶるぅに首輪を付けたいんだ。」

偏った考えかも知れない。

でも、ぶるぅの表情は明るかった。

「じゃ、青い首輪がイイです。」


数週間後、ヘッダーに、プロフィールにある、青い首輪をぶるぅにかけてあげた。

そして、しっかりとその首輪に青く太い引き紐をつけた…。
comment 0 trackback 0
05.23
Thu
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

05.22
Wed
ぶるぅは快楽に目覚めた。

私と出会う前から快楽には目覚めていたのかも知れない。

でも私の手で、アナルは気持ちいいトコロと感じれる体に出来た。

大きな成果だ。



しかし、オマ○コでは未だに気持ちよくはなるが、絶頂に至らない。

多分、自分のなかで自制しているトコロがあるのでは…。

その自制を打ち砕く事が私の課題になった。


イカせる事が主眼になってはいない。

ぶるぅが自然に心を開いて、快楽を貪れるようになることが目標…。


その方法として、目隠をしてみる事にした。


その日もホテルに向かっていた。

そしていつもの通りにお風呂に入り、ベッドへともぐり込んだ。

そして、おもむろにぶるぅに目隠しを付けて、愛撫を始めた。

「…怖いよ…」

何も見えない感覚にぶるぅは恐怖を訴えた。


しかし、ぶるぅのオマ○コの感度はあまり変わらない。

喘ぎ声はあるものの、濡れ方もあまり変化はない。

挿入しても、道具を使ってもあまり変化はなかった。



あ…、


…彼女はあまり目が良くないんだった。
普通に生活できる程度だけど視力があまりよくないんだ…。


目隠しはちょっと失敗だった。しかし、やって損ではなかった。

目隠しを嫌がらず受け入れた事は…。
comment 0 trackback 0
05.19
Sun
前回のアナル体験からさほど開いてない週末にぶるぅからデートのお誘いがあった。
デートというよりは、ぶるぅ本人がアナルの快楽に興味を持ち、その快楽が真であるのか、
その時だけの快楽ではないのかを確かめたいとの事だった。

その日のぶるぅは朝から積極的だった。
デートも早々に切り上げ、ホテルに移動する。
いつもの流れで、お風呂に入り、アナルをゆっくりとマッサージしてゆく。
そして、腸内を洗浄して、ベッドにもぐり込む。
「お尻をイジメて下さい…。」
恥ずかしそうに耳元でぶるぅが囁き、四つんばいになり、お尻を突き上げる格好になる。
前回同様、たっぷりとローションをつけ、太い指をぶるぅのアナルにすべり込ませる。
前回は恐怖心からか、指を入れる際に肛門に力が入っていたのだが、その日はスルリと指を飲み込む。
「ああぁ…、気持ちいいですぅ…」
ぶるぅが腰をクネクネと動かし始める。
決して体が柔らかいとは言えないぶるぅだが、この時ばかりはそれをも忘れさせるぐらい器用に
腰を動かし、喘ぎ声を上げる。
「お尻…、気持ちいいですぅ…、ゾクゾクします…」
指を二本飲み込むのでさえ、前回よりも時間はかからなかった。
指をアナルの中で動かしながら、ゆっくりとしたストロークで出し入れしてみる。
「ああぁっ! イキそうです!」
絶頂に達するまでさほど時間はかからなかった。
「ああぁ!」
同時に指の隙間から、緩い便にも似た腸液がドロドロの流れ出てくる。
一瞬、便と見紛うような腸液だが、あのネバベバとしたいやらしい液体は私のサド心に火をつける。

ぶるぅの、アナルに対する恐怖心は、好奇心に打ち消され、快楽の世界に引きずり込まれたような感じだった。
指二本だけで、絶頂を迎え、ベッドに倒れ込む。
「もっと気持ちよくなるために、来たんだろう。お尻を突き出して、お願いしなさい。」
そう促すと、ぶるぅは上半身はベットにもたれたまま、尻だけをゆっくりと突き出した。
「…もっと気持ちよくさせてください…、」
今まで大声で喘いでいた声とは、全く違う小さな声で、ぶるぅは更なる快楽を求めた。
そして、前回使用した3.5cmのディルドで2回絶頂を迎え、2回目の絶頂で再び気を失ってしまった…。
更なる絶頂の序章だった。 

2回の絶頂を迎えて、気絶したぶるぅのアナルは思った以上に広がっていた。
試しに、と3.5cmのディルドをゆっくりと抜き、代わりに指二本を滑り込ませる。
ローションと腸液のヌルヌル間が指先に伝わる。
気絶している間は、筋肉も緩むと聞いていたが、ぶるぅも例外ではなく、重ねて入れた指二本を
入れた状態で少しずつ開いてみると、もう一本入りそうなぐらい広がってゆく。

ぶるぅが目を覚ます前に、指を抜いた。
その感覚がぶるぅを正気の世界に呼び戻す。
目をキョロキョロさせて、辺りを見回す。
「また気絶したよ。」
「…、」
「お尻、広がったよ、だいぶ。」
「…、嘘…、」
「ちょっと太いの入れてみるよ。痛かったら止めるから。」
「…うん、」
ぶるぅの表情が険しくなる。
やはり太くなるという言葉に不安を感じているようだ。
私は約4cmのディルドにゴムをつけ、たっぶりとローションをつけた。
その間、ぶるぅは、うつ伏せから仰向けに体制を変えていた。怖いとはいいつつ、
しっかりを両足を広げている。
ゆっくりとディルドの先をアナルにあてがう。
「…んんっ、ちょっと痛いかも…」
無理はしない。あてがったディルドを離し、進む距離を少しずつ増やしていく。
近づけ、離しを数回繰り返していると、いつの間にか、ディルドのカリ部分を飲み込んでいる。
「ぶるぅ、もう太いトコは入ったよ。」
「嘘!、もう入ったの?」
「だって、ホラ」
そういってディルドをゆっくりとアナルに滑り込ませる。
「ああっ、…これダメ!」
ぶるぅが突然叫ぶ。やはり太かったのか?
「…さっきのより、ゾクゾクするぅ、ゾクゾクするトコに当たるの!」
痛みではなかった。太くなった分、入り口の気持ちよさに加えて、長さも少し長いディルドだったので
腸壁に容易に達してしまう。
「ダメェ!」
殆ど動かしてはいなかったが、ぶるぅの体がブルブルと震え、腰がクネクネと動く。
「イクぅー!」
絶叫に近い声で喘ぐぶるぅ。

震えが収まり、肩で息をする。
「これ、ダメ…。すごくゾクゾクする、お願いだから抜いて…。」
か細い声でぶるぅがお願いする。
しかし、私のサドのスイッチが入った以上、このままで終わらせる気はなかった。

4cmのディルド。
ぶるぅには快楽の凶器でしかなかった。
私はゆっくりとディルドを動かした。
ぶるぅが叫び声なのか喘ぎ声なのか分からない声をあげる。
「おかしくなるぅー、だめぇー!」
ベッドの上で暴れるぶるぅの足を押さえ、さらにディルドを動かす。
「だめぇー!」
絶叫だった。
動かすストロークを大きくした途端だった。
絶頂を迎えた瞬間、ベッドに寝た状態でのけぞった。
と同時に、オマ○コからあふれ出る大量の液体…。

?!
突然の事に、私が驚き、ディルドを動かす手を止めてしまう。
ぶるぅはベッドに倒れ込み、またも気絶した。
液体は大量。
しかし、尿ではなかった。

絶頂のあまり、ぶるぅはお漏らしではなく、潮を吹いてしまったのだ。
お尻を責められて、潮を吹くという女性に出会えたことがなかったので、かなり戸惑った。

数分後、ぶるぅが向こうの世界から返ってきた。
私はその事を告げてみると、
「ぶるぅ、多分、潮吹いたみたいだよ。」
「頭の中が真っ白になって、よく覚えてないけど、何か出たのは分かった。」
ぶるぅは更に快楽を覚えた。
アナルは排泄のためだけではなく、自分を快楽の世界に連れて行ってくれるものだと…。

もちろん、この後、3回連続でアナルをディルドで責めて潮を吹いた。
そして2回気絶した。

ぶるぅは快楽、しかもアナルの快楽に目覚めてしまった。     
comment 0 trackback 0
back-to-top